映画 ALWAYS 三丁目の夕日 『 シュークリームと指輪 』

素敵な映画をありがとう。 あたなは、どのシーンがお気に入りですか? (^^)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「毎年 年末年始にテレビで放映して、家族一緒に観てほしい映画 ALWAYS 三丁目の夕日」

私は 「ALWAYS 三丁目の夕日」を「毎年 年末年始でテレビで放映してほしい」と思っています(^^ゞ

そんな映画になってほしいのですが、少し気にかかるエピソードがありますね(^^)

そうです。

★「サンタクロースのエピソード」「この映画を小さい子供に見せていいものか?」 この部分です。

この件について、

「こうすれば、小さな子供に見せても たぶん大丈夫なのではないだろうか? (最小限の変更)」 というのを、少し考えてみました。

◎ テレビ放映時、

◆1 --クリスマスのエピソード時 「鈴木オート内で父が枕元に、例の物を置くシーン」だけカット。父と母が廊下に出てくるシーンは残す。

◆2 --その後の「やまふじ」内での茶川の「 信じちゃってさあ 」というセリフを「喜んじゃってさあ」に、  そして、「 衣装やらなにやら・・」のセリフを「 他の言葉に 」に変更。そのために吉岡さんにテレビ用にアフレコでかぶせてもらう。

・ 最後の淳之介の手紙の内容までは 変更しなくても大丈夫なような気がします。

★上記の 二つ、

◎ 1) を カット。2)の部分はアフレコ 

または、本当に最小限の変更にとどめる場合、

◎ 2)だけを変更で 1)の鈴木オートの枕元のシーンは残す。

 これさえすれば、小さい子供をもつ親からクレームがこないのではないかなぁ?
いかがでしょうか。
(実際に、子供には見せられないという感想がいくつかあった)

 「全く変更なしに そのまま流してもいいのでは?」なんて気持ちも少しあるですが、 
あくまで、テレビで流れた時に、誰が どんな状況で見ているかわかりません。サンタの件を この映画で知られたくない人もいるはず、ですから、前もって、対策をしておけば、この映画は まさに万全ですよね。

 その部分さえクリアになれば、毎年、年末年始の恒例の映画になれるんじゃいなか、なんて思ってます(^^ゞ

・ この件について みなさん、どのように感じられますか?
スポンサーサイト


★★ サンタのネタバレの件 改善案 ★★ 
 小さな子供に テレビで 安心して見せたい。


「毎年 年末年始にテレビで放映して、家族一緒に観てほしい映画 ALWAYS 三丁目の夕日」

私は 「ALWAYS 三丁目の夕日」を「毎年 年末年始でテレビで放映してほしい」と思っています(^^ゞ

そんな映画になってほしいのですが、少し気にかかるエピソードがありますね(^^)

そうです。

★「サンタクロースのエピソード」「この映画を小さい子供に見せていいものか?」 この部分です。

この件について、

「こうすれば、小さな子供に見せても たぶん大丈夫なのではないだろうか? (最小限の変更)」 というのを、少し考えてみました。

◎ テレビ放映時、

◆1 --クリスマスのエピソード時 「鈴木オート内で父が枕元に、プレゼントを置くシーン」だけカット。鈴木オート夫妻が廊下に出てくるシーンは残す。

◆2 --その後の「やまふじ」内での茶川の「 信じちゃってさあ 」というセリフを「喜んじゃってさあ」に、  そして、「 衣装やらなにやら・・」のセリフを「 他の適当な言葉に 」に変更。そのために吉岡さんにテレビ用にアフレコでかぶせてもらう。

・ 最後の淳之介の手紙の内容までは 変更しなくても大丈夫なような気がします。

★上記の 二つを変更する。
 この直接的な ネタバレの件を改善するだけで、小さな子供が見ても大丈夫な作品になります。
 そして、ストーリーにも影響を及ぼすことのない箇所なので効率的です。
いかがでしょうか。
(実際に、子供には見せられないという感想がいくつかあった)

 「全く変更なしに そのまま流してもいいのでは?」なんて気持ちも少しあるですが、 
あくまで、テレビで流れた時に、誰が どんな状況で見ているかわかりません。サンタの件を この映画で知られたくない人もいるはず、ですから、前もって、対策をしておけば、この映画は まさに万全ですよね。

 その部分さえクリアになれば、毎年、年末年始の恒例の映画になれるんじゃいなか、なんて思ってます(^^ゞ

・ この件について みなさん、どのように感じられますか?
***********************************************

★以下、映画 ALWAYS 三丁目の夕日 感想 ★



ぜひ、映画館で観てほしい映画です!!  素敵な映画でした(^^) 観終わって 心がほんわかと暖かくなって、明日への元気をもらえる映画です。

実際に映画を見た時のイメージは CMや映画の予告編と  随分違いました(^^)

この映画、『 ストーリーが すごくいいんです。素敵なんです。 』

 VFXで再現された当時の街並みや小物は この映画の魅力の一つにすぎません。

 昭和33年のストーリーですが、当時のことを知らない人でも、楽しめる映画です。(私もその当時のことを全く知りません)

 館内には、中高年の人はもちろん、若いカップルから 高校生もいて、「良かったぁ~っ」って感動していましたよ(^^)

この映画は、いわゆる、お涙ちょうだい的な作品ではありまりせん。  ハリウッド映画のような、奇抜なストーリー展開や 大事件もありません。

しかし、 私は 何度も笑って、そして、何度も涙してしまいした。 映画を見て涙するのは 何年ぶりだろうか。 素敵な映画です。

リラックスして 楽しんで見てください(^^)

★★ この映画のこだわり について ★★

この映画の ネット上での、まれに見る高評価を見て、
壮大な舞台やストーリー、盛り上がりや 過激な表現、奇抜な展開、原作の正確な再現を  「過剰に期待」して観にいくと、 肩透かしを食らう人もいるかも(^^) 

この映画は ほんわかとして 説明せず、押し付けず、肩肘張らず、うまく力の抜けた、やさしい映画なんです。
 「古典落語」のように、洒落ていて、うまく作られています。

そして、この映画、奥深い仕掛けが 盛りだくさん、 本当によく作りこまれた映画で感心します(^^)

● 一例として、

 ベタで、わざと先を読める展開を、いくつもの登場人物の背景、布石を絡ませながら進展させることで、 時間経過と共に、ストーリーを立体化させ、映画の最初から最後までを分断させずに 一つにまとめる 丁寧な構成と仕掛け

また反対に

 画面を 度々ブラックアウトさせることで、 VFXを駆使した実写という立体的な映像を 意図的に 原作の短編原画を 思い起こさせるかように 平面化させ そして安く表現する仕掛け、

 他にも沢山 とても細かいところまで凝っていて、表現方法が ニクイくらいうまいんです。

 ちょっと大袈裟でダサい表現や演出で、わかりやすく表現する部分などは、昔の邦画全盛時代の演出や舞台役者のようです。

 一見、超ベタなストーリーですが、実は よく練られた脚本と映像の上に出来上がっています。

 もうひとつ、出演する俳優すべてが それぞれの役にぴったり。 素晴らしいキャストでしたね。

 すべての俳優の演技がいいのですが、自分が個人的に好きで、一番 素敵だなあと思ったのは
お母さん役の薬師丸ひろ子さんです。 彼女は この映画の要的や位置づけに感じました。

この映画が 薬師丸さんから 始まり、最後の夕日の場面での、短いけれども とても重要なセリフを彼女が受け持ったのも 監督さんのこだわりだったのでしょう。

( 監督は 十代の頃、薬師丸さんのファンだったのかもしれませんね(^^ゞ )

まあ、 細かいことはおいといても、
この心温まる映画を 沢山の人に 楽しんで見てもらいたいと思っています。

★ おまけ ★

◆  この映画は 小さな子供にも観て欲しい、そのためのアイデア 『 サンタのエピソード 』は こちら 

 この映画の中に 『おかっぱ頭の 子供の姉妹』が 
一人でいたり二人だったり、いたるところで画面に映っていますが、
 この姉妹が どのシーンで 全体で何回 登場したか わかる人は かなりの 『映画 三丁目の夕日通』です(^^ゞ 

●キーワード 『 ベタ 』 -- この映画は 物語の先が読めても、笑えて、感動できる。だから、何度観ても、色あせずに楽しめます。

 「ベタ」(定番、王道)を表現することほど、難しく奥深いものはありませんね。 変にひねって格好をつけず、まさに今、恐れずに挑んだ、スタッフの感性と心意気が素晴らしい。

★ この映画の全編にわたって その時代のもつ『 影、陰 』の部分が 沢山出てきた。 
しかし、
 登場人物の『 今と 明日へ向かって 生きる力強いエネルギーと 暖かな心 』が、その影の部分より圧倒的に勝っていて、観るものに 明るい力とやさしさを 与えてくれました。


● 映画の感想、コメント、こちらに どうぞ(^v^)
あなたは どのシーンが好きですか? (^^ゞ

私は 初日と 後日、友人を誘って観てきました。 良かったぁ、
素敵な映画をありがとう(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。